buttonボタンを自動クリック

今回は、type=buttonのボタンをクリックする方法ですが、name属性もid属性も設定されていないものに対して処理を行う場合は、必ず一意のキーワードを探す作業が発生します。
今回、テスト用のフォームで2つのbuttonを用意しましたが、どのように処理すればよいか分かりますか?

<input type="button" value="ボタン" onclick="alert('type=buttonのボタンが押されました')" />
<input type="button" value="ボタン2" onclick="alert('type=buttonのボタン2が押されました')" />

ループ処理の場合、目的のエレメントを取得するために「IF~Thenステートメント」で分岐させていますので、この2つのボタンで一意のキーワードを探していきます。
一番目に付くのは「ボタン」「ボタン2」の違いですね。


If InStr(objTag.outerHTML, "ボタン") > 0 Then
(省略)
End If

If InStr(objTag.outerHTML, "ボタン2") > 0 Then
(省略)
End If

こちらで処理をすれば、両方ともクリックすることができますが、こちらの場合はどうでしょうか?

<input type="button" value="ボタン2" onclick="alert('type=buttonのボタン2が押されました')" />
<input type="button" value="ボタン" onclick="alert('type=buttonのボタンが押されました')" />

こちらで先ほどの処理をすると「ボタン」で分岐させた場合は、「ボタン2」をクリックしてしまいます。
これではまずいですね。このような場合、どうするかというと別の一意のキーワードを探していきます。
答えは「ボタンが押されました」「ボタン2が押されました」になります。
こちらですと、順番が逆になったとしても目的のボタンをクリックすることができます。
プログラムを作成していくと思ったように動作しないことが多々あります。
IE操作はソースを読み解く力が必要となりますので、どのように対応するか考えながら作成していきましょう。
それでは、buttonボタンのクリックする方法を解説していきます。

スポンサー リンク

フォームbuttonボタンをクリックマクロ1

Sub sample()

  Dim objIE  As InternetExplorer
 Dim objTag As Object

  'テスト用フォームページを表示
  Call ieView(objIE, "http://www.vba-ie.net/code/test.html")

 'button(ボタン)をクリック
  For Each objTag In objIE.document.getElementsByTagName("input")

   If InStr(objTag.outerHTML, "ボタンが押されました") > 0 Then

   'buttonボタンクリック
   objTag.Click

   'IEが完全表示されるまで待機
   Call ieCheck(objIE)

   'ループ脱出
   Exit For
            
  End If
 Next

 'button(ボタン2)をクリック
  For Each objTag In objIE.document.getElementsByTagName("input")

   If InStr(objTag.outerHTML, "ボタン2が押されました") > 0 Then

   'buttonボタン2クリック
   objTag.Click

   'IEが完全表示されるまで待機
   Call ieCheck(objIE)

   'ループ脱出
   Exit For
            
  End If
 Next

End Sub

テスト用フォームページのソース

<form method="post" name ="form1" action="?">
<input type="button" value="ボタン" onclick="alert('type=buttonのボタンが押されました')" />
<input type="button" value="ボタン2" onclick="alert('type=buttonのボタン2が押されました')" />
・・・(省略)・・・
</form>

※必要な項目のみ抽出しています。

実行結果

VBAのIE制御でbuttonをクリック
VBAのIE制御でbutton2をクリック

今回、「ボタン」「ボタン2」をクリックするために、2回ループ処理させましたが、こちらは同じ内容の処理です。
この場合どうすればよいか、前回説明したのを覚えていますか?
そうです。サブルーチン化させます。
サブルーチン化の方法は後ほど解説しますので、同じような処理があった場合は、サブルーチン化をするクセをつけましょう。

次は「imageボタンをクリック」ではパスワードボックスの入力について解説していきます。

次の記事: VBAでIEのimageボタンをクリック >>

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

VBAのIE制御についてのQ&A掲示板

↑エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

ExcelのVBA初心者入門

↑こちらはExcelのVBAをマスターできるよう初心者向けのエクセルVBA入門コンテンツになります^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

VBAでIE(InternetExplorer)制御の準備

【ダウンロード】IE操作に便利なツール

こちらでは、これまでに紹介したIE(InternetExplorer)操作で便利な機能をツール化しています。無償でダウンロードできますので、目的に合わせたご利用ください。

スポンサー リンク

IEオブジェクトのメソッド・プロパティ

こちらでは、IE(InternetExplorer)オブジェクトのメソッド・プロパティをまとめています。

IE操作に利用されているVBA関数

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたVBA関数をまとめています。

スポンサー リンク

IE操作に利用されているステートメント

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたステートメントをまとめています。ExcelのVBAで基本的な部分になりますので、しっかり理解しましょう。

IE(InternetExplorer)制御のVBAコード

こちらでは、これまでに作成したIE(InternetExplorer)操作で役立つサブルーチンをまとめています。
全てをコピーする必要はありませんが、目的に合わせたサブルーチンをご利用ください。