最終行(列)取得「maxRC」の解説

「情報収集に役立つサブルーチン集」では、ネット上のデータ収集やサイト操作など様々な利用方法の中で役に立つサブルーチンを紹介していきます。
まずはデータ収集でリスト化する際に利用頻度の高い最終行(列)の取得について解説していきます。

スポンサー リンク

最終行(列)取得のサブルーチン


Function maxRC(Optional sheetName As String = "mySheet", _
        Optional rcNo As Variant = 1, _
        Optional addRC As Integer = 0, _
        Optional typeRC As String = "R") As Long

    If sheetName = "mySheet" Then
        sheetName = ActiveSheet.Name
    End If
    
    If typeRC = "R" Then
        maxRC = Sheets(sheetName).Cells(Rows.Count, rcNo).End(xlUp).row + addRC
    ElseIf typeRC = "C" Then
        maxRC = Sheets(sheetName).Cells(rcNo, Columns.Count).End(xlToLeft).Column + addRC
    End If

End Function

最終行(列)取得のマクロ

Sub sample()

  Dim objIE  As InternetExplorer
 Dim r As Integer, c As Integer

  'テスト用フォームページを表示
  Call ieView(objIE, "http://www.vba-ie.net/code/test.html")
  
  '最終行取得(Y方向)
  r = maxRC("リスト", 1, 1)

  'h1要素のテキストデータ取得
  Sheets("リスト").Cells(r, 1) = "h1要素テキスト:" & tagValue(objIE, "h1", "", "outerHTML")
  'p要素のテキストデータ取得
  Sheets("リスト").Cells(r + 1, 1) = "p要素テキスト:" & tagValue(objIE, "p", "p-value", "innerText")
  
  '最終列取得(X方向)
  c = maxRC("リスト", 1, 1, "C")

  'h1要素のテキストデータ取得
  Sheets("リスト").Cells(1, c) = "h1要素テキスト:" & tagValue(objIE, "h1", "", "outerHTML")
  'p要素のテキストデータ取得
  Sheets("リスト").Cells(1, c + 1) = "p要素テキスト:" & tagValue(objIE, "p", "p-value", "innerText")

End Sub

実行結果

最終行(列)取得のサブルーチン

今回は、値を取得するために戻り値が必要となりますのでfunctionマクロで対応しています。引数は以下の4つが設定されています。

引数名データ型内容値の事例初期値省略
sheetNameStringシート名文字列"リスト"ActiveSheet.Name
rcNoVariant対象の行・列番号(文字列)1,"D"1
addRCInteger最終行に加える行数10
typeRCStrStringing行・列の選択文字列"R","C""R"
maxRC("シート名文字列","対象の行・列番号","最終行に加える行数","行・列の選択文字列")

こちらは、全て任意項目となります。
「sheetName」はシート名文字列を入力しますが、処理するシートが現在開いているシートの場合は、初期値で現在開いているシート名を取得しますので、未入力で大丈夫です。
「rcNo」は対象の行・列番号(文字列)で、例えばD列目の最終行を取得したい場合は「4」もしくは「"D"」を入力します。初期値では「1」が設定されています。
行をチェックする場合は、行番号を入力すれば簡単に取得できますが、列をチェックする場合は、通常アルファベット表示のため、何番目の列か分かりづらいです。
そこで、列番号でも列文字列でも対応できるように「Variant型」で宣言させています。
これにより「"D"」など列文字列でも対応できますので、何番目の列かを気にする必要はありません。
「addRC」には、最終行数に加える行数になります。例えばデータをループ処理する場合は、最終行を取得して全てのデータを処理させますが、データは定期的に抽出する場合は、既存データに書き足しで抽出します。その際に最終行から1行プラスで加えておけば、常に既存データの書き足しを行えます。
初期値は「0」設定されています。
「typeRC」は行・列どちらを取得するかの判断をするためのものです。「R」を指定すれば最終行を「C」を指定すれば最終列を取得します。初期値は「R」で設定されています。

それでは、1つずつコードを見ていきましょう。


If sheetName = "mySheet" Then
 sheetName = ActiveSheet.Name
End If

sheetNameが設定されていれば指定したシート名をsheetNameに代入し、されていない場合は現在開いているシートがsheetNameに代入されます。


If typeRC = "R" Then
 maxRC = Sheets(sheetName).Cells(Rows.Count, rcNo).End(xlUp).row + addRC
ElseIf typeRC = "C" Then
 maxRC = Sheets(sheetName).Cells(rcNo, Columns.Count).End(xlToLeft).Column + addRC
End If

typeRCが「R」の場合は最終行を「C」の場合は最終列を取得しています。
また、addRCが設定されていた場合は、+α行(列)を追加します。

ここまでがサブルーチンの中身になりますので、実行マクロの内容も見ていきましょう。


'最終行取得(Y方向)
r = maxRC("リスト", 1, 1)

'h1要素のテキストデータ取得
Sheets("リスト").Cells(r, 1) = "h1要素テキスト:" & tagValue(objIE, "h1", "", "outerHTML")

'p要素のテキストデータ取得
Sheets("リスト").Cells(r + 1, 1) = "p要素テキスト:" & tagValue(objIE, "p", "p-value", "innerText")

こちらでは、まず「リスト」シートの1列目の最終行数を取得し、+1加えた数値をrに格納していますので、今回は1行目が見出しであったためr=2となります。
そして、cells(2, 1)にh1要素をcells(3, 1)にp要素のテキストを入力しています。


'最終列取得(X方向)
c = maxRC("リスト", 1, 1, "C")

'h1要素のテキストデータ取得
Sheets("リスト").Cells(1, c) = "h1要素テキスト:" & tagValue(objIE, "h1", "", "outerHTML")

'p要素のテキストデータ取得
Sheets("リスト").Cells(1, c + 1) = "p要素テキスト:" & tagValue(objIE, "p", "p-value", "innerText")

こちらは「リスト」シートの1行目の最終列数を取得し、+1加えた数値をcに格納していますので、今回は2列目が見出しであったためc=3となります。
そして、cells(1, 3)にh1要素をcells(1, 4)にp要素のテキストを入力しています。

maxRCサブルーチンは非常によく利用される機能ですので、是非活用してください。

次の記事: VBAでIE操作に役に立つサブルーチン集 >>

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

VBAのIE制御についてのQ&A掲示板

↑エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

ExcelのVBA初心者入門

↑こちらはExcelのVBAをマスターできるよう初心者向けのエクセルVBA入門コンテンツになります^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

VBAでIE(InternetExplorer)制御の準備

【ダウンロード】IE操作に便利なツール

こちらでは、これまでに紹介したIE(InternetExplorer)操作で便利な機能をツール化しています。無償でダウンロードできますので、目的に合わせたご利用ください。

スポンサー リンク

IEオブジェクトのメソッド・プロパティ

こちらでは、IE(InternetExplorer)オブジェクトのメソッド・プロパティをまとめています。

IE操作に利用されているVBA関数

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたVBA関数をまとめています。

スポンサー リンク

IE操作に利用されているステートメント

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたステートメントをまとめています。ExcelのVBAで基本的な部分になりますので、しっかり理解しましょう。

IE(InternetExplorer)制御のVBAコード

こちらでは、これまでに作成したIE(InternetExplorer)操作で役立つサブルーチンをまとめています。
全てをコピーする必要はありませんが、目的に合わせたサブルーチンをご利用ください。

ExcelのVBAで作成した役立つVBAコード

こちらでは、IE(InternetExplorer)制御の利用だけでなく、Excel全般で利用できるVBAコードです。エクセルVBAで役に立つものばかりですので、ご利用ください。