フレーム内の値を自動選択

今回はフレーム内の値を選択する方法を解説していきます。
フレームのURLを取得して直接アクセスする方法は割愛しますが、やり方としては「エレメント操作」と同じになります。

スポンサー リンク

フレーム処理のマクロ

Sub sample()

  Dim objIE  As InternetExplorer
  Dim objFrame As Object

  'テスト用フレームページを表示
  Call ieView(objIE, "http://www.vba-ie.net/code/test2.html")

  'フレーム情報取得
  Set objFrame = objIE.document.frames

 'セレクトボックスを選択
  objFrame("frame1").document.getElementsByName("pref")(0).selectedIndex = 2


End Sub

テスト用フレームページのソース

<frameset rows="50%,50%">
<frame src="http://www.vba-ie.net/code/test.html" name="frame1">
<frame src="http://www.vba-ie.net/code/ieview2.html" name="frame2">
</frameset>

実行結果

フレームの自動選択
objFrame("フレーム名").document.getElementsByName("name名")(添え字).selectedIndex = インデックス番号

こちらの処理はname属性が「frame1」のフレームを指定して、更に「pref」という名前のエレメントを取得し、「SelectedIndexプロパティ」で選択しています。
今回は、インデックス2番の福岡を選択しています。

次回は「フレーム内の値クリック」について解説していきます。

次の記事: VBAでIEのフレーム内の値をクリック >>

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

VBAのIE制御についてのQ&A掲示板

↑エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

ExcelのVBA初心者入門

↑こちらはExcelのVBAをマスターできるよう初心者向けのエクセルVBA入門コンテンツになります^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

VBAでIE(InternetExplorer)制御の準備

【ダウンロード】IE操作に便利なツール

こちらでは、これまでに紹介したIE(InternetExplorer)操作で便利な機能をツール化しています。無償でダウンロードできますので、目的に合わせたご利用ください。

スポンサー リンク

IEオブジェクトのメソッド・プロパティ

こちらでは、IE(InternetExplorer)オブジェクトのメソッド・プロパティをまとめています。

IE操作に利用されているVBA関数

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたVBA関数をまとめています。

スポンサー リンク

IE操作に利用されているステートメント

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたステートメントをまとめています。ExcelのVBAで基本的な部分になりますので、しっかり理解しましょう。

IE(InternetExplorer)制御のVBAコード

こちらでは、これまでに作成したIE(InternetExplorer)操作で役立つサブルーチンをまとめています。
全てをコピーする必要はありませんが、目的に合わせたサブルーチンをご利用ください。