VBAでHTMLドキュメントの要素数を取得

<< エクセルVBAでHTMLドキュメントのすべての要素を取得する :前の記事

前回は、HTMLドキュメントのすべての要素を取得する方法について解説します。すべての要素だけでなく、特定の要素の取得についても簡単に説明しましたが、データの取得はその要素オブジェクトをどのような道筋で取得するかがポイントになります。

これから色々なプロパティやメソッドを利用した取得方法を紹介しますので、1つ1つ理解しましょう。今回は、Allコレクションで取得した要素数と特定の要素の取得方法について解説します。

目次

スポンサー リンク

DOM(Document Object Model)とは

DOMとは「Document Object Model」の略称で、html・head・body・p・aなどのHTMLドキュメント要素にアクセスして取得や操作ができる仕組みのことです。

以下はHTMLドキュメントをツリー構造に表したものでDOMツリーと呼ばれます。階層状のツリー構造でHTMLドキュメントを表現します。

DOMツリー

HTML(HyperText Markup Language)とは

HTMLとは「HyperText Markup Language」の略称で、Webページを作成するために開発された言語です。世の中に公開されているWebページのほとんどがHTMLで作成されています。こちらのサイトもHTMLで作成されています。

HTMLは基本的に以下のような構成でできており「<タグ名>★テキスト★</タグ名>」が1つの要素(エレメント)になります。この中の特定の要素に対してデータの取得や操作を行っていきます。


<html>

 <head>

  <title>VBAのIE制御</title>

 </head>

 <body>

  <p>こちらはpタグのテキストです。</p>
  <a href="★リンクURL★">リンクのアンカーテキストです。</a>

 </body>

</html>

タグと要素(エレメント)の違い

HTML言語では、「タグ」と呼ばれる仕組みを利用して構築していきます。以下のイメージを確認すると分かりやすいと思いますが、タグとは「<」と「>」で構成されており、開始タグと終了タグまでの括りで1つの要素を形成します。

タグと要素の違い

具体例で説明するとWebページのタイトルを表す「titleタグ」を利用して開始タグの「<title>」と終了タグの「</title>」で括り、タグの中の文字列が「要素内容」となります。こちらでは「VBAのIE制御入門」の文字列が要素内容となります。

そして、こちらの「開始タグ+要素内容+終了タグ」の全体を「要素」と呼びます。また、別名では「エレメント」と呼ばれますので、どちらも同じ意味であることを理解してください。

HTMLドキュメントの要素数を取得する処理の流れ

以下が今回の処理の流れになります。

  • ①変数宣言
  • ②ieViewサブルーチンを利用して指定したURLをIEで起動
  • ③HTMLドキュメントのオブジェクトを取得
  • ④HTMLドキュメント内の全ての要素コレクションを取得
  • ⑤コレクションの要素数を取得

利用するサブルーチン・コレクション・プロパティ・VBA関数について

今回利用するサブルーチンコレクションプロパティVBA関数は以下になります。

  • ieViewサブルーチン
  • ieCheckサブルーチン
  • Documentプロパティとは
  • Allコレクションとは
  • outerHTMLプロパティとは
  • Lengthプロパティとは
  • MsgBox関数とは

ieViewサブルーチンとは

ieViewサブルーチン指定したURLをInternetExplorerで起動させ、Webページが完全に読み込まれるまで待機処理をするマクロです。

ieView("IEオブジェクト","表示させたいURLの文字列","IE表示・非表示の値[省略可]","Y位置の値[省略可]","X位置の値[省略可]","幅の値[省略可]","高さの値[省略可]")

ieCheckサブルーチンとは

ieCheckサブルーチン指定したInternetExplorerオブジェクトのWebページが完全に読み込まれるまで待機処理をするマクロです。

ieCheck("IEオブジェクト")

Documentプロパティとは

InternetExplorerオブジェクトのDocumentプロパティHTMLドキュメントのオブジェクトを返すプロパティです。これによりHTMLドキュメントを操作することができます。

objIE.document.プロパティ/メソッド

Allコレクションとは

DocumentオブジェクトのAllコレクションHTMLドキュメント内の全ての要素(エレメント)のコレクションです。

objIE.document.All.プロパティ/メソッド
objIE.document.All(添え字).プロパティ/メソッド

outerHTMLプロパティとは

要素オブジェクトのouterHTMLプロパティ指定した要素オブジェクトの要素タグとそのタグに含まれるHTMLコードを取得するプロパティです。

変数 = objIE.document.All(添え字).outerHTML

Lengthプロパティとは

AllコレクションのLengthプロパティ指定したAllコレクションの全ての要素数を取得するプロパティです。

変数 = objIE.document.All.Length

MsgBox関数とは

MsgBox関数ダイアログボックスにメッセージとボタンを表示し、どのボタンが押されたかを示す整数型の数値を返します

MsgBox "表示させる文字列"

HTMLドキュメントの要素数を取得するサンプルコード

こちらのVBAコードは、HTMLドキュメントの要素数を取得するマクロです。

Sub sample()

  Dim objIE  As InternetExplorer

  'データ抽出用ページをIE(InternetExplorer)で起動
  Call ieView(objIE, "http://www.vba-ie.net/code/all.html")
  
  MsgBox "要素数 : " & objIE.document.all.length

End Sub

実行結果

※2015年1月現在の結果です。Webページ更新により要素数が変動することもあります。

HTMLドキュメントの要素数の取得

解説

Sub sample()

  Dim objIE  As InternetExplorer

こちらはSubステートメント引数の設定がないsampleプロシージャになります。 まずは、変数宣言でメモリ領域を割り当てるDimステートメントを利用してオブジェクト変数objIEに「InternetExplorer型」を変数宣言しています。


  'データ抽出用ページをIE(InternetExplorer)で起動
  Call ieView(objIE, "http://www.vba-ie.net/code/all.html")

次に他のプロシージャを呼び出すCallステートメントを利用してieViewサブルーチンを呼び出しています。第一引数にはオブジェクト変数の「objIE」を第二引数には表示させるURLの「http://www.vba-ie.net/code/all.html」を設定しています。これによりInternetExplorerでデータ抽出用ページが表示されます。


 MsgBox "要素数 : " & objIE.document.all.length

こちらが今回のHTMLドキュメントの要素数を取得する部分になります。以下は理解しやすい様にVBAコードとキーワードの関連性を列挙したものです。あくまで関連性ですので必ずしも「=(イコール)」ではありません。

  • 【objIE.document.all.length】
  • objIE = InternetExplorerオブジェクト
  • document = HTMLドキュメントのオブジェクト(Documentオブジェクト)
  • all = Documentオブジェクトのすべての要素(allコレクション)
  • length = allコレクションの要素(エレメント)数

まず、InternetExplorerオブジェクトのdocumentプロパティを利用してHTMLドキュメントのオブジェクト(Documentオブジェクト)を取得します。

次にDocumentオブジェクトのAllコレクションを利用してHTMLドキュメントのすべての要素を取得します。そして、Allコレクションのlengthプロパティを利用してHTMLドキュメントの要素数を取得します。

取得したデータはMsgBox関数の引数に設定して、メッセージボックスに取得したHTMLドキュメントの要素数を表示させます。最後は、Endステートメントを利用してプロシージャを終了させます。

HTMLドキュメントの要素数を取得できたら、次はループ処理で全ての要素を確認してみましょう。

ループ処理で全ての要素を確認するサンプルコード

こちらのVBAコードは、ループ処理で全ての要素を確認するマクロです。

Sub sample()

  Dim objIE  As InternetExplorer
  Dim i As Integer

  'データ抽出用ページをIE(InternetExplorer)で起動
  Call ieView(objIE, "http://www.vba-ie.net/code/all.html")
  
  For i = 0 To objIE.document.all.length - 1
  
    MsgBox objIE.document.all(i).outerHTML
  
  Next i

End Sub

実行結果

メッセージボックスに個々の要素が全て表示されます。

解説

Sub sample()

  Dim objIE  As InternetExplorer
  Dim i As Integer

まずは、Dimステートメントを利用してオブジェクト変数objIEに「InternetExplorer型」を、変数iに「整数型(Integer)」を変数宣言しています。尚、変数iFor~Nextステートメントの「カウンタ変数」として利用されます。


  'データ抽出用ページをIE(InternetExplorer)で起動
  Call ieView(objIE, "http://www.vba-ie.net/code/all.html")

次にCallステートメントを利用してieViewサブルーチンを呼び出し、IE(InternetExplorer)でデータ抽出用ページを表示します。


  For i = 0 To objIE.document.all.length - 1
  
    MsgBox objIE.document.all(i).outerHTML
  
  Next i

End Sub

こちらが今回のHTMLドキュメントの全ての要素を確認する部分になります。For~Nextステートメントで要素数だけループ処理を繰り返します。また、カウンタ変数はAllコレクション添え字に利用しますので、初期値は「0」になります。

そして、最終値はAllコレクションのLehgthプロパティを利用して要素数から1を引いた値を設定しています。これで、要素数だけループ処理を行います。

ループ処理の中の処理は、前回の処理と同様に指定した要素オブジェクトのouterHTMLプロパティを利用して、指定した要素オブジェクトの要素タグとそのタグに含まれるHTMLを取得します。

取得したデータはMsgBox関数の引数に設定して、メッセージボックスに表示させていますので、どのような形で要素が格納されているのかを確認してみてください。

こちらのテストページでは、要素数も少ないため何番目の要素か把握できますが、通常のWebページでは何百単位の要素で構成されています。それをピンポイントで何番目の要素と指定することは難しいので本来このようなやり方で取得することはありません。

ただ、方法がないというわけではなく、冒頭で説明したようにデータの取得はその要素オブジェクトをどのような道筋で取得するかがポイントになります。1つ事例としてタイトル名を取得するのにどれぐらいの道筋があるのか確認してみましょう。

タイトル名を取得するサンプルコード

こちらのVBAコードは、タイトル名を取得するマクロです。いくつも取得方法がありますので、より効率がよいものを利用するのがいいでしょう。

Sub sample()

  Dim objIE As InternetExplorer
  Dim i As Integer

  'データ抽出用ページをIE(InternetExplorer)で起動
  Call ieView(objIE, "http://www.vba-ie.net/code/all.html")
  
  '①全要素からtitleタグを探しタイトルを取得する方法
  For i = 0 To objIE.document.all.length - 1

    If InStr(objIE.document.all(i).outerHTML, "<title>") = 1 Then
    
        MsgBox "方法① : " & objIE.document.all(i).innerText
    
    End If
  
  Next i
  
  '②tagsメソッドからタイトルを取得する方法
  MsgBox "方法② : " & objIE.document.all.tags("title")(0).innerText
  
  '③getElementsByTagNameメソッドからタイトルを取得する方法
  MsgBox "方法③ : " & objIE.document.getElementsByTagName("title")(0).innerText
  
  '④titleプロパティからタイトルを取得する方法
  MsgBox "方法④ : " & objIE.document.title
  
  '⑤LocationNameプロパティからタイトルを取得する方法
  MsgBox "方法⑤ : " & objIE.LocationName

End Sub

実行結果

全ての処理でメッセージボックスにタイトルを表示します。

解説

こちらでは5つの処理でタイトル名を取得しています。どの方法で処理したとしても同じ結果となります。どの方法を選んでもいいのですが、簡単に取得出来る方がよいので「方法⑤」を選ぶ方が多いかと思います。もちろん「方法①」で取得しても構いませんので、目的にあった方法で取得しましょう。

まとめ

今回は、Allコレクションで取得した要素数と特定の要素の取得について解説します。何度も言いますが、データの取得はその要素オブジェクトをどのような道筋で取得するかがポイントになります。最後にタイトル名を取得する事例を挙げましたが、タイトル名を取得するだけでもあれだけの方法があります。目的に合った方法で取得するようにしましょう。

ここまで、html要素や要素数を取得してきましたが、次回は、html要素の子要素であるhead要素とbody要素を取得する方法について解説します。

次の記事: エクセルVBAでHTMLドキュメントのhead要素とbody要素を取得する >>

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VBAのIE制御についてのQ&A掲示板

↑エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

ExcelのVBA初心者入門

↑こちらはExcelのVBAをマスターできるよう初心者向けのエクセルVBA入門コンテンツになります^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

VBAでIE(InternetExplorer)制御の準備

【ダウンロード】IE操作に便利なツール

こちらでは、これまでに紹介したIE(InternetExplorer)操作で便利な機能をツール化しています。無償でダウンロードできますので、目的に合わせたご利用ください。

スポンサー リンク

IEオブジェクトのメソッド・プロパティ

こちらでは、IE(InternetExplorer)オブジェクトのメソッド・プロパティをまとめています。

IE操作に利用されているVBA関数

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたVBA関数をまとめています。

スポンサー リンク

IE操作に利用されているステートメント

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたステートメントをまとめています。ExcelのVBAで基本的な部分になりますので、しっかり理解しましょう。

IE(InternetExplorer)制御のVBAコード

こちらでは、これまでに作成したIE(InternetExplorer)操作で役立つサブルーチンをまとめています。
全てをコピーする必要はありませんが、目的に合わせたサブルーチンをご利用ください。