1階層上の親ディレクトリパスを取得「ParentDirName」の解説

今回は、1階層上の親ディレクトリパスを取得するサブルーチンを解説していきます。
カレントディレクトのパスをするには「ThisWorkbook.Path」とPathプロパティを利用すれば、簡単に取得することができます。
処理内容によっては、1階層上のフォルダへファイルを出力したり、IE制御で画像を保存したりと利用することもでてきます。
そういう場合のプログラムもサブルーチン化させて置くと非常に便利ですね。
それでは見ていきましょう。

スポンサー リンク

1階層上の親ディレクトリパスを取得するサブルーチン


Function ParentDirName() As String

 With ThisWorkbook
  ParentDirName = Left(.Path, InStrRev(.Path, "\") - 1)
 End With

End Function

1階層上の親ディレクトリパスを取得するマクロ

Sub sample()
     
 Debug.Print ParentDirName

End Sub

実行結果

C:\Users\vba-ie\Desktop

今回は、値を取得するために戻り値が必要となりますのでfunctionマクロで対応しています。
引数はありません。


With ThisWorkbook
(省略)
End With

こちらでは、「Withステートメント」を利用してコードの省略化を行っています。同じオブジェクトを何度も記述する場合に非常に便利ですので、是非活用しましょう。


ParentDirName = Left(.Path, InStrRev(.Path, "\") - 1)

こちらでは1行で、親ディレクトリパスの取得を行っています。
「InStrRev」関数は、指定した文字列の中から指定したキーワードを後方から検索して見つかった位置を返します。
今回は、カレントディレクトリの文字列の中から「\」キーワードを後方から検索して位置を取得しています。

例えば以下がカレントディレクトのパス名だった場合は、「InStrRev(.Path, "\")」では、「24」を返します。

C:\Users\vba-ie\Desktop\sample

「\」の位置を取得したら、次は「LEFT」関数を利用して、親ディレクトリまでのパスを取得します。
処理文が短いのでその都度記述してもいいですが、何度も利用するものはサブルーチン化させましょう。

次の記事: VBAでIE操作に役立つ新しいフォルダ作成 >>

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

VBAのIE制御についてのQ&A掲示板

↑エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

ExcelのVBA初心者入門

↑こちらはExcelのVBAをマスターできるよう初心者向けのエクセルVBA入門コンテンツになります^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

VBAでIE(InternetExplorer)制御の準備

【ダウンロード】IE操作に便利なツール

こちらでは、これまでに紹介したIE(InternetExplorer)操作で便利な機能をツール化しています。無償でダウンロードできますので、目的に合わせたご利用ください。

スポンサー リンク

IEオブジェクトのメソッド・プロパティ

こちらでは、IE(InternetExplorer)オブジェクトのメソッド・プロパティをまとめています。

IE操作に利用されているVBA関数

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたVBA関数をまとめています。

スポンサー リンク

IE操作に利用されているステートメント

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたステートメントをまとめています。ExcelのVBAで基本的な部分になりますので、しっかり理解しましょう。

IE(InternetExplorer)制御のVBAコード

こちらでは、これまでに作成したIE(InternetExplorer)操作で役立つサブルーチンをまとめています。
全てをコピーする必要はありませんが、目的に合わせたサブルーチンをご利用ください。

ExcelのVBAで作成した役立つVBAコード

こちらでは、IE(InternetExplorer)制御の利用だけでなく、Excel全般で利用できるVBAコードです。エクセルVBAで役に立つものばかりですので、ご利用ください。