IEウィンドウサイズ変更の可否設定

<< エクセルVBAでIEウィンドウを全画面表示(フルスクリーン)させる :前の記事

前回は、InternetExplorerオブジェクトのFullscreenプロパティを利用してIEウィンドウを全画面表示(フルスクリーン)にする方法について解説しました。全画面表示(フルスクリーン)で処理をさせるということはあまりないですが、使用する場合は説明した2つの注意事項を理解した上で使用しましょう。今回は、IEウィンドウサイズ変更の可否の設定について解説していきます。

目次

スポンサー リンク

IEウィンドウサイズ変更を禁止する処理の流れ

以下が今回の処理の流れになります。

  • ①変数宣言
  • ②ieViewサブルーチンを利用して本サイトをIEで起動
  • ③ResizableプロパティでIEウィンドウサイズ変更を禁止に設定

利用するサブルーチン・プロパティについて

今回利用するサブルーチンプロパティは以下になります。

  • ieViewサブルーチン
  • ieCheckサブルーチン
  • Resizableプロパティ
  • Widthプロパティ
  • Heightプロパティ

ieViewサブルーチンとは

ieViewサブルーチン指定したURLをInternetExplorerで起動させ、Webページが完全に読み込まれるまで待機処理をするマクロです。

ieView("IEオブジェクト","表示させたいURLの文字列","IE表示・非表示の値[省略可]","Y位置の値[省略可]","X位置の値[省略可]","幅の値[省略可]","高さの値[省略可]")

ieCheckサブルーチンとは

ieCheckサブルーチン指定したInternetExplorerオブジェクトのWebページが完全に読み込まれるまで待機処理をするマクロです。

ieCheck("IEオブジェクト")

Resizableプロパティとは

InternetExplorerオブジェクトのResizableプロパティは、IEウィンドウサイズ変更の可否を設定します。

objIE.Resizable = ブーリアン型(Boolean)の値
変数 = objIE.Resizable

Widthプロパティとは

InternetExplorerオブジェクトのWidthプロパティIEウィンドウの幅の値を取得または設定をすることができます。また、単位はピクセル(1ピクセル=1/96インチ)になります。

objIE.Width = 倍精度浮動小数点型(Double)
変数 = objIE.Width

Heightプロパティとは

InternetExplorerオブジェクトのHeightプロパティIEウィンドウの高さの値を取得または設定をすることができます。また、単位はピクセル(1ピクセル=1/96インチ)になります。

objIE.Height = 倍精度浮動小数点型(Double)
変数 = objIE.Height

IEウィンドウサイズ変更を禁止するサンプルコード

こちらは、IEウィンドウサイズ変更を禁止するマクロです。

Sub sample()

  Dim objIE  As InternetExplorer

  '本サイトをIE(InternetExplorer)で起動
  Call ieView(objIE, "http://www.vba-ie.net/")

  'IEウィンドウサイズ変更を禁止する
  objIE.resizable = False

End Sub

実行結果

IEウィンドウサイズの変更が禁止されます。

IEオブジェクトのResizableプロパティ

解説

Sub sample()

  Dim objIE  As InternetExplorer

こちらはSubステートメント引数の設定がないsampleプロシージャになります。 まずは、変数宣言でメモリ領域を割り当てるDimステートメントを利用してオブジェクト変数objIEに「InternetExplorer型」を変数宣言しています。

  '本サイトをIE(InternetExplorer)で起動
  Call ieView(objIE, "http://www.vba-ie.net/")

次に他のプロシージャを呼び出すCallステートメントを利用してieViewサブルーチンを呼び出しています。それぞれの第一引数にはオブジェクト変数の「objIE」を第二引数には表示させるURLの「http://www.vba-ie.net/」を設定しています。これによりInternetExplorerで本サイトのページが表示されます。

  'IEウィンドウサイズ変更を禁止する
 objIE.Resizable = False

End Sub

こちらはInternetExplorerオブジェクトのResizableプロパティに「False」を設定しています。Resizableプロパティは、IEウィンドウサイズ変更の可否を設定するプロパティで「False」を設定するとIEウィンドウサイズ変更を禁止にします。

IEウィンドウサイズ変更が禁止になったら、最後はEndステートメントを利用してプロシージャを終了させます。

これで、手動ではIEウィンドウのサイズを変更できなくなりました。前回の全画面表示(フルスクリーン)処理では、InternetExplorerオブジェクトのFullscreenプロパティを「True」に設定するとWidthプロパティHeightプロパティを設定しても制御できませんでしたが、Resizableプロパティの場合、サイズ設定ができるのかを確認してみます。それでは、以下の処理を実行して見ましょう。

Sub sample()

  Dim objIE  As InternetExplorer

  '本サイトをIE(InternetExplorer)で起動
  Call ieView(objIE, "http://www.vba-ie.net/")

  'IEウィンドウサイズ変更を禁止する
  objIE.resizable = False
  
  objIE.Width = 500
  objIE.Height = 500
    
End Sub
IEウィンドウのサイズ設定

こちらの処理を実行するとIEウィンドウのサイズが「500×500ピクセル」で表示されました。resizableプロパティでサイズ変更ができない場合でもWidthプロパティやHeightプロパティは有効であることが分かりました。

また、resizableプロパティの設定も有効で、IEウィンドウサイズの変更はできません。サイズ設定を行う場合は、どのプロパティで有効あるいは無効なのかを把握すると論理エラーになりにくいので覚えておきましょう。

まとめ

今回は、IEウィンドウサイズ変更の可否の設定について解説しました。サイズ変更を禁止にした場合でもWidthプロパティHeightプロパティは有効であるということも確認できました。次回は、IEウィンドウの表示倍率(拡大・縮小)の設定について解説していきます。

次の記事: エクセルVBAでIEウィンドウの表示倍率(拡大・縮小)を設定する >>

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VBAのIE制御についてのQ&A掲示板

↑エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

ExcelのVBA初心者入門

↑こちらはExcelのVBAをマスターできるよう初心者向けのエクセルVBA入門コンテンツになります^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

VBAでIE(InternetExplorer)制御の準備

【ダウンロード】IE操作に便利なツール

こちらでは、これまでに紹介したIE(InternetExplorer)操作で便利な機能をツール化しています。無償でダウンロードできますので、目的に合わせたご利用ください。

スポンサー リンク

IEオブジェクトのメソッド・プロパティ

こちらでは、IE(InternetExplorer)オブジェクトのメソッド・プロパティをまとめています。

IE操作に利用されているVBA関数

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたVBA関数をまとめています。

スポンサー リンク

IE操作に利用されているステートメント

こちらでは、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作で利用されたステートメントをまとめています。ExcelのVBAで基本的な部分になりますので、しっかり理解しましょう。

IE(InternetExplorer)制御のVBAコード

こちらでは、これまでに作成したIE(InternetExplorer)操作で役立つサブルーチンをまとめています。
全てをコピーする必要はありませんが、目的に合わせたサブルーチンをご利用ください。