プログラムのエラー処理を無効にする

<< エクセルVBAでプログラムのエラーを無視する :前の記事

こちらでは、On Error GoTo 0ステートメントを利用して、一度設定したプログラムのエラー処理を無効にする方法について解説しています。

また、ステートメントとは「命令文」と訳されるようにコンピュータに具体的な動作を指定する最小単位のプログラムです。主にマクロの挙動を制御する構文や文法を指します。通常は1行で完結する部分を指しますが、If~Thenなど複数行にまたがる部分を意味することもあります。

目次

はじめに

こちらでは、On Error GoTo 0ステートメントを利用して、一度設定したプログラムのエラー処理を無効にする方法について解説します。On Error GoTo 0ステートメントは、現在のプロシージャに含まれる使用可能なエラー処理ルーチンを無効にします。

利用するステートメント・関数について

今回利用するステートメント・関数は以下になります。

  • On Error GoTo 0ステートメント
  • MsgBox関数

On Error GoTo 0ステートメントとは

On Errorステートメント現在のプロシージャに含まれる使用可能なエラー処理ルーチンを無効にします。

On Error GoTo 0

MsgBox関数とは

MsgBox関数ダイアログボックスにメッセージとボタンを表示し、どのボタンが押されたかを示す整数型の数値を返します。

MsgBox "表示させる文字列"

一度設定したプログラムのエラー処理を無効にするサンプルコード

今回のVBAコードは一度設定したプログラムのエラー処理を無効にするマクロを確認しますが、まずは以下の処理を実行してみてください。


Sub sample()

    Dim i As Integer

    i = "VBA"
    
    MsgBox "変数iは" & i & "です。"
    
End Sub

sampleプロシージャSubステートメントに引数は設定されていません。最初にDimステートメント変数iに整数型(Integer)を宣言しています。 次に変数i」に文字列の「VBA」が格納されていますが、変数iには整数しか格納できませんので、この時点で以下の実行時エラーが発生し処理が中断します。これを一度エラー処理で回避した後にエラー処理を無効に再度エラーを表示させるようにします。

実行時エラー'13':型が一致しません。

こちらが、一度設定したプログラムのエラー処理を無効にするマクロになります。


Sub sample()

    On Error GoTo errorhndler

    Dim i As Integer
    
    i = "VBA"   '①処理
    
    On Error GoTo 0 '④処理
    
    i = "VBA"
    
    MsgBox "変数iは" & i & "です。"
    
    Exit Sub
    
errorhndler:    '②処理

    MsgBox "変数の値が間違っています。"
    
    Resume Next '③処理

End Sub

実行結果

一度設定したプログラムのエラー処理を無効にするマクロの結果

解説

最初にOn Errorステートメントの行ラベルに「errorhndler」を設定しています。これによりエラーが発生した場合は、後に記述してある「errorhndler:」に移動しそれ以降の処理を実行します。On Errorステートメント以降の処理では①処理の「変数i」に文字列の「VBA」が格納されていますが、変数iには整数しか格納できませんので、この時点でエラーが発生します。エラーが発生すると②処理の「errorhndler:」に移動しますので、「MsgBox "変数の値が間違っています。"」が処理されます。

そして、③処理の「Resume Next」が実行されます。こちらはResumeステートメントでエラーを発生されたステートメントの次のステートメントから再開されますので、①処理の次の処理である④処理の「On Error GoTo 0」が実行されます。

On Error GoTo 0」を処理するとこれまでのエラー処理が無効になります。そして、再度「変数i」に文字列を格納すると実行時エラーで処理が中断します。

まとめ

今回はOn Error GoTo 0ステートメントを利用して、一度設定したプログラムのエラー処理を無効にする方法について解説しました。次回は、一度設定したプログラムのエラー処理を無効にする方法について解説します。

エクセルVBAのエラー処理一覧

次の記事: エクセルVBAで一度設定したプログラムのエラー処理を無効にする >>

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ExcelのVBAについてのQ&A掲示板

↑ExcelのVBA全般について分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

VBAのInternetExplorer操作入門

↑ExcelのVBAをマスターできたら、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作にも挑戦してみてください^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

エクセルVBAのステートメント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したステートメントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのオブジェクト

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのプロパティ

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのプロパティをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのメソッド

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのメソッドをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのイベント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのイベントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。