Excelの列を選択

<< エクセルVBAでExcelの行を選択する :前の記事

こちらでは、RangeオブジェクトSelectメソッドを利用して、Excelの列を選択する方法について解説しています。

メソッドとは、オブジェクトを操作する命令文のことでオブジェクトの動作になります。 メソッドを利用するにはオブジェクト名とメソッド名の間に「.(ピリオド)」で結んで記述します。

オブジェクト名.メソッド名

目次

はじめに

こちらでは、Selectメソッドを利用したExcelの指定した列を選択する方法について解説します。「指定したセルを選択する」では、Rangeプロパティを利用してセルを選択しましたが、列を選択する場合は、様々なプロパティを利用して選択することができます。

利用するメソッドについて

今回利用するメソッドは以下になります。

  • Selectメソッド

Selectメソッドとは

RangeオブジェクトのSelectメソッド指定されたセルを選択します。Selectメソッドには引数はありません。

Range("セル範囲").Select
Columns("列番号").Select
Range("セル範囲").EntireColumn.Select

Rangeプロパティを利用して列を選択するサンプルコード

今回のVBAコードはRangeプロパティを利用してExcelの列を選択するマクロになります。


Sub sample()

    Range("B:B").Select

End Sub

実列結果

「B列」を選択にします。

エクセルVBAのSelectメソッドの結果1

解説

sampleプロシージャSubステートメントに引数は設定されていません。Rangeプロパティには、範囲を表す演算子(:)を利用して「B:B」の列番号を設定しています。こちらは「B列」の範囲を設定していますので、Selectメソッド「B列」を選択します。最後はEndステートメントを利用してsampleプロシージャを終了させます。Selectメソッドで列を選択した場合は、対象の列の左端のセルがアクティブになります。

Rangeプロパティは単一の列以外に複数列も選択することができます。以下はまとまった複数列を選択する事例です。Rangeプロパティには「B:D」を設定していますので、処理を実列するとB列からD列まで選択します。


Sub sample()

    Range("B:D").Select

End Sub
エクセルVBAのSelectメソッドの結果2

まとまった列以外にも離れた列も選択できます。以下は離れた列も選択する事例です。Rangeプロパティには「B:B,E:F」を設定していますので、処理を実列するとB列とE列からF列まで選択します。


Sub sample()

    Range("B:B,E:F").Select

End Sub
エクセルVBAのSelectメソッドの結果3

Columnsプロパティを利用して列を選択するサンプルコード

今回のVBAコードはColumnsプロパティを利用してExcelの列を選択するマクロになります。


Sub sample()

    Columns(2).Select

End Sub

実列結果

2列目の「B列」を選択にします。

エクセルVBAのSelectメソッドの結果1

解説

こちらでは、Columnsプロパティを利用した指定した列を選択しています。Columnsプロパティには、「2」の列番号を設定しています。こちらは「B列」の範囲を設定していますので、Selectメソッド「B列」を選択します。

EntireColumnプロパティを利用して列を選択する

今回のVBAコードはEntireColumnプロパティを利用してExcelの列を選択するマクロになります。


Sub sample()

    Range("B2").EntireColumn.Select

End Sub

実列結果

「B列」を選択にします。

エクセルVBAのSelectメソッドの結果1

解説

こちらでは、EntireColumnプロパティを利用した列を選択しています。EntireColumnプロパティは指定されたセル範囲を含む 1 列または複数の列全体(Rangeオブジェクト)を返すプロパティで、まずRangeプロパティで「B2」を設定していますので、「B2」セルを取得します。そして、EntireColumnプロパティで「B2」セルを含む列を返すので、B列を取得しますので、Selectメソッド「B列」を選択します。

SelectメソッドとActivateメソッドの違い

SelectメソッドActivateメソッドは同じ処理の動作をするため混同しやすい方も多いかと思います。Selectメソッドは「選択する」でActivateメソッドは「アクティブにする」処理になりますが、「選択」と「アクティブ」の違いをまず理解しましょう。

「アクティブ」とは現在操作対象そのものを指し、「選択」とは、対象の範囲になります。以下の図を見るとイメージしやすいと思いますが、現在操作可能な「アクティブ」のセルは「B2」セルになります。そして、選択されている範囲は「B2~D6」セルになります。

エクセルVBAのSelectメソッドとActivateメソッドの違い

このように操作対象は単一ですが、選択においては複数選択することができます。メソッドでも同様にActivateメソッドは単一のセルしか扱えませんが、Selectメソッドは複数のセルを同時に扱えます。

Selectメソッドの特徴

  • 複数のセルを選択できる
  • Selectメソッドで選択した範囲をSelectionオブジェクトとして操作できる

Activateメソッドの特徴

  • 単一のセルしかアクティブにできない
  • Selectメソッドで複数選択した後に更に単一のオブジェクトを指定できる

まとめ

今回は、様々なプロパティで取得したRangeオブジェクトのSelectメソッドを利用して、Excelの列を選択にする方法について解説しました。次回は、エクセルVBAでExcelのセルにデータを入力する方法について解説します。

エクセルVBAのセル操作一覧

    次の記事: エクセルVBAでExcelのセルにデータを入力する >>

    Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

    近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

    IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ExcelのVBAについてのQ&A掲示板

    ↑ExcelのVBA全般について分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

    VBAのInternetExplorer操作入門

    ↑ExcelのVBAをマスターできたら、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作にも挑戦してみてください^^

    VBAのIE制御入門RSS

    RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

    VBAIE操作のスカイプレッスン

    エクセルVBAのステートメント

    こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したステートメントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

    スポンサー リンク

    エクセルVBAのオブジェクト

    こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

    スポンサー リンク

    エクセルVBAのプロパティ

    こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのプロパティをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

    エクセルVBAのメソッド

    こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのメソッドをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

    エクセルVBAのイベント

    こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのイベントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。