IsNumeric関数

IsNumeric関数は、VBA関数の中でデータ型変換関数に分類される関数です。

目次

スポンサー リンク

IsNumeric関数とは

IsNumeric関数は、式が数値として評価できるかどうかを調べ、結果をブール型 (Boolean) で返します。

構文IsNumeric(expression)
引数省略説明
expression ×引数 expression には、数式または文字列式を含むバリアント型 (Variant) の式を指定します。

False.IsNumeric 関数は、引数 expression が数値として認識できる場合は、真 (True) を返します。それ以外は偽 (False) を返します。IsNumeric 関数は、引数 expression が日付式の場合は、偽 (False) を返します。

IsNumeric関数のサンプルコード

次の例は、IsNumeric 関数を使って、変数が数値として評価できるかどうかを調べます。


Sub sample()

Dim MyVar, MyCheck
MyVar = "53"                        ' 値を代入します。
MyCheck = IsNumeric(MyVar)        ' True を返します。

MyVar = "459.95"                    ' 値を代入します。
MyCheck = IsNumeric(MyVar)        ' True を返します。

MyVar = "45 Help"                    ' 値を代入します。
MyCheck = IsNumeric(MyVar)        ' False を返します。

End Sub

実行結果

解説

データ型変換関数一覧

関数名内容
CBool指定した式をブール型に変換します。
CByte指定した式をバイト型に変換します。
CCur指定した式を通貨型に変換します。
CDate指定した式を日付型に変換します。
CDbl指定した式を倍精度浮動小数点数型に変換します。
CDec指定した式を10進型に変換します。
CInt指定した式を整数型に変換します。
CLng指定した式を長整数型に変換します。
CSng指定した式を単精度浮動小数点数型に変換します。
CStr指定した式を文字列型に変換します。
CVar指定した式をバリアント型に変換します。
CVDate旧バージョンと互換を保つための関数で、バリアント型の日付を返します。
Int指定した数値の整数部分を抽出します。指定した数値が負の場合は、値を超えない最大の負の整数を抽出します。
IsDate式が日付に変換できるかどうかを調べた結果を返します。
IsEmpty変数がEmptyかどうかを調べた結果を返します。
IsMissingプロシージャに省略可能なバリアント型の引数がわたされたかどうかを調べた結果を返します。
IsNumeric式にNull値が含まれているかどうかを調べた結果を返します。
IsObject変数がオブジェクト変数かどうかを調べた結果を返します。
ExcelのVBAについてのQ&A掲示板

↑ExcelのVBA全般について分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

VBAのInternetExplorer操作入門

↑ExcelのVBAをマスターできたら、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作にも挑戦してみてください^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

エクセルVBAのステートメント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したステートメントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのオブジェクト

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのプロパティ

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのプロパティをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのメソッド

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのメソッドをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのイベント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのイベントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。