FreeFile関数

FreeFile関数は、VBA関数の中でファイル・フォルダに関する関数に分類される関数です。

目次

スポンサー リンク

FreeFile関数とは

FreeFile関数は、使用可能なファイル番号を整数型 (Integer) の値で返すファイル入出力関数です。

構文FreeFile[(rangenumber)]
引数省略説明
rangenumber 引数 rangenumber には、ファイル番号の範囲をバリアント型 (Variant) で指定します。指定した範囲から次に使用可能なファイル番号を返します。
0 (既定値)1 ~ 255 の範囲のファイル番号が返されます。
1256 ~ 511 の範囲のファイル番号が返されます。

使用可能なファイル番号を取得するために FreeFile 関数を使用します。既に使われているファイル番号を重複して使うのを防ぐことができます。

FreeFile関数のサンプルコード

次の例は、FreeFile 関数を使って、次に使用可能なファイル番号を返します。この例では、ループ内で 5 つのファイルをシーケンシャル出力モード (Output) で開いています。各ファイルには、サンプル データが書き込まれているものと仮定します。


Sub Sample

Dim MyIndex, FileNumber
For MyIndex = 1 To 5                        ' ループを 5 回繰り返します。
    FileNumber = FreeFile                    ' 未使用のファイル番号を取得します。
    Open "TEST" & MyIndex For Output As #FileNumber    ' ファイル名を作成します。
    Write #FileNumber, "これはサンプルです。"            ' 文字列を出力します。
    Close #FileNumber                        ' ファイルを閉じます。
Next MyIndex

End Sub

実行結果

解説

ファイル・フォルダに関する関数一覧

関数名内容
CurDir指定したドライブの現在のパスを返します。
Dir指定したパターンやファイル属性と一致するファイルまたはフォルダの名前を返します。
EOFファイルの現在位置が末尾かどうかを調べて結果を返します。
FileAttrファイルから指定した種類の情報を返します。
FileDateTimeファイルの作成日時または最後に修正した日を返します。
FileLenファイルのサイズを返します。
FreeFile指定したファイル番号の範囲から、次に使用可能なファイル番号を返します。
GetAttrファイルまたはフォルダの属性を返します。
Loc開いているファイルの読込位置または書き込み位置を返します。
LOF開いているファイルの長さを返します。
Seek開いているファイルの読込位置または書き込み位置を返します。
Tab文字の出力位置を移動します。
VarType変数の内容を示す値を返します。
ExcelのVBAについてのQ&A掲示板

↑ExcelのVBA全般について分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

VBAのInternetExplorer操作入門

↑ExcelのVBAをマスターできたら、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作にも挑戦してみてください^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

エクセルVBAのステートメント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したステートメントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのオブジェクト

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのプロパティ

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのプロパティをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのメソッド

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのメソッドをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのイベント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのイベントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。