Excel 入力規則のリストの連動について 削除


Message#3 2015年2月10日(火)22時38分
From: mikuama
下図のように、Sheet2のE列に1,2,3,…と入力して、
Sheet2のF1に =Sheet1!A1
Sheet2のF2に =IF($A2=F$1,$D2,"")
と入力します。

F2を下に必要なだけオートフィルします。

そして、Sheet1のリストを表示させたい、B1にデータの入力規則、
リスト、元の値で、
=OFFSET(Sheet2!F1,IFERROR(VLOOKUP($A$1,Sheet2!$A$2:$E$200,5,FALSE),0),0,IF(COUNTIF(Sheet2!$A:$A,$A$1)=0,1,COUNTIF(Sheet2!$A:$A,$A$1)))

と、入力すれば配列を使わずに、出来ます。

さらに、E列とF列をオートフィルするだけで、
何千行のデータにでも対応できます。

よろしくお願いいたします。

上のメッセージを削除します。
よければパスワードを入力し、削除ボタンをクリックしてください。

パスワード:

ExcelのVBAについてのQ&A掲示板

↑ExcelのVBA全般について分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

VBAのInternetExplorer操作入門

↑ExcelのVBAをマスターできたら、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作にも挑戦してみてください^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

エクセルVBAのステートメント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したステートメントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのオブジェクト

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのプロパティ

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのプロパティをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのメソッド

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのメソッドをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのイベント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのイベントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

dmb.cgi Ver. 1.068
Copyright(C) 1997-2014, hidekik.com