VBAのResizeプロパティ

こちらでは、エクセルVBAのResizeプロパティの解説になります。

プロパティとはオブジェクトの属性を指します。属性とは、そのオブジェクトの情報そのものです。プロパティはその値を取得したり、設定することもできます。プロパティを利用するにはオブジェクト名とプロパティ名の間に「.(ピリオド)」で結んで記述します。

オブジェクト名.プロパティ名

また、プロパティを設定する場合は以下のように「=(イコール)」を記述し設定値を代入します。

オブジェクト名.プロパティ名 = 設定値

目次

Resizeプロパティ

Resizeプロパティは、指定された範囲のサイズを変更します。サイズが変更されたセル範囲 (Range オブジェクト) を返します。

構文expression.Resize(RowSize, ColumnSize)
キーワード省略説明
expression×こちらは、必ず指定します。サイズを変更する Range オブジェクトを返すオブジェクト式を指定します。
RowSize省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。新しい範囲の行数を指定します。この引数を省略すると、新しい行数は変更する前と同じ行数になります。
ColumnSize省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。この引数を省略すると、新しい列数は変更する前と同じ列数になります。

次の使用例は、シート 1 で選択された部分のサイズを 1 行と 1 列分大きくします。


Worksheets("Sheet1").Activate
numRows = Selection.Rows.Count
numColumns = Selection.Columns.Count
Selection.Resize(numRows + 1, numColumns + 1).Select

次の使用例は、シート 1 で見出し行のあるリストから、見出し行は選択せずに、データ部分だけを選択します。この使用例を実行する前に、リストのいずれかのセルをアクティブにしておく必要があります。


Set tbl = ActiveCell.CurrentRegion
tbl.Offset(1, 0).Resize(tbl.Rows.Count - 1, _
    tbl.Columns.Count).Select
Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ExcelのVBAについてのQ&A掲示板

↑ExcelのVBA全般について分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

VBAのInternetExplorer操作入門

↑ExcelのVBAをマスターできたら、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作にも挑戦してみてください^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

エクセルVBAのステートメント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したステートメントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのオブジェクト

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのプロパティ

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのプロパティをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのメソッド

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのメソッドをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのイベント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのイベントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。