Nameオブジェクト

Nameオブジェクトについての解説になります。

目次

Nameオブジェクトとは

Nameオブジェクトは、セル範囲に付けられている名前を表します。名前は、Database、Print_Area、Auto_Open などのように組み込まれている名前、またはユーザー定義の名前のどちらかです。

Application、Workbook、および Worksheet オブジェクトName オブジェクトは、Application、Workbook、および Worksheet オブジェクトに含まれている Names コレクションのメンバーです。単体の Name オブジェクトを取得するには、Names(index) プロパティを使用します。引数 index には、定義されている名前のインデックス番号または名前自体を指定します。

インデックス番号は、コレクション内での名前の順番に対応します。名前の順番は、名前を文字列として昇順に並び替えた順番になります。並び替えでは、英字の大文字と小文字は区別しません。この順番は、[挿入] メニューの [名前] をポイントし、[定義] および [引用] をクリックすると表示されるダイアログ ボックスの一覧で確認できます。次の使用例は、アプリケーションの Names コレクションの最初の名前のセル参照を表示します。

MsgBox Names(1).RefersTo

次の使用例は、mySortRange という名前を作業中のブックから削除します。

ActiveWorkbook.Names("mySortRange").Delete

名前自体の名前を取得したり、設定したりするには、Name プロパティを使用します。次の使用例は、作業中のブックの最初の Name オブジェクトの名前を変更します。

Names(1).Name = "stock_values"

Range オブジェクトオブジェクトには複数の名前を付けることができますが、Range オブジェクトには Names コレクションはありません。セル範囲に付けられている名前のうち、順番の最も早い名前を取得するには、Range オブジェクトの Name プロパティを使用します。次の使用例は、ワークシート 1 のセル範囲 A1:B1 に付けられている最初の名前の Visible プロパティを設定します。

Worksheets(1).Range("a1:b1").Name.Visible = False

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ExcelのVBAについてのQ&A掲示板

↑ExcelのVBA全般について分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

VBAのInternetExplorer操作入門

↑ExcelのVBAをマスターできたら、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作にも挑戦してみてください^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

エクセルVBAのステートメント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したステートメントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのオブジェクト

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのプロパティ

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのプロパティをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのメソッド

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのメソッドをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのイベント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのイベントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。