Adjustmentsオブジェクト

Adjustmentsオブジェクトについての解説になります。

目次

Adjustmentsオブジェクトとは

Adjustmentsオブジェクトは、指定されたオートシェイプ オブジェクト、ワードアート オブジェクト、またはコネクタのすべての調整値が含まれます。調整値は、各調整ハンドルで調整を行うために図形が持つ値です。水平および垂直の両方で調整できるハンドルのように、2 つの調整を行える場合もあるので、図形は調整ハンドルの数よりも多い調整値を持つ場合があります。図形は、最大で 8 つまでの調整値を持ちます。

Adjustments オブジェクトを取得するには、Adjustments(index) プロパティを使用します。特定の調整値を取得する場合、引数 index に調整値のインデックス番号を指定します。

図形が異なると持つ調整値数が異なり、調整の種類が異なると、図形のジオメトリの変更方法が異なり、有効値の範囲も異なります。次の図は、右矢印の吹き出しの 4 つの各調整値が、吹き出しのジオメトリの定義にどのように影響するかを示しています。

調整可能な図形はそれぞれ別の調整セットを持つため、特定の図形の調整動作を調べるには、手動で図形のインスタンスを作成し、マクロ レコーダーをオンにして調整を行い、次に記録したレコードを調べる方法をお勧めします。

次に、異なる種類の調整の有効な調整値の範囲をまとめたものを示します。通常、有効値の範囲を超える値を指定すると、最も近い有効値が調整に割り当てられます。

右矢印吹き出しを追加するサンプルコード

こちらでは、右矢印吹き出しを追加するマクロになります。


Sub sample()

    Set myDocument = Worksheets(1)
    Set rac = myDocument.Shapes.AddShape(msoShapeRightArrowCallout, _
        10, 10, 250, 190)
    With rac.Adjustments
        .Item(1) = 0.5    ' テキスト ボックスの幅を調整する
        .Item(2) = 0.15   ' 矢印の頭の幅を調整する
        .Item(3) = 0.8    ' 矢印の頭の長さを調整する
        .Item(4) = 0.4    ' 矢印の軸の幅を調整する
    End With

End Sub

実行結果

解説

myDocument に右矢印吹き出しを追加し、調整値を設定します。図形は 3 つの調整ハンドルしか持っていませんが、4 つの調整を持つことに注意してください。3 番目と 4 番目の調整は、矢印の頭と軸の間のハンドルに対応します。

Adjustmentsオブジェクトの親オブジェクト一覧

親オブジェクト名内容
Shapeオブジェクトオートシェイプ、フリーフォーム、OLE オブジェクト、またはピクチャなど描画レイヤのオブジェクトを表します。Shape オブジェクトは、Shapes コレクションのメンバーです。Shapes コレクションは、文書のすべての図形を表します。
ShapeRange コレクション文書の図形セットである図形範囲を表します。図形範囲には、単一の図形から文書内のすべての図形までを含めることができます。つまり、文書内のすべての図形、または選択したすべての図形を含む図形範囲を作成できます。たとえば文書にある、最初の 3 つの図形、選択したすべての図形、または文書のすべてのフリーフォームを含む ShapeRange コレクションを作成できます。

Adjustmentsオブジェクトのプロパティ一覧

  • Application プロパティ
  • Count プロパティ
  • Creator プロパティ
  • Item プロパティ
  • Parent プロパティ
Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ExcelのVBAについてのQ&A掲示板

↑ExcelのVBA全般について分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

VBAのInternetExplorer操作入門

↑ExcelのVBAをマスターできたら、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作にも挑戦してみてください^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

エクセルVBAのステートメント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したステートメントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのオブジェクト

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのプロパティ

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのプロパティをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのメソッド

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのメソッドをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのイベント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのイベントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。