VBAのRecordMacroメソッド

こちらでは、エクセルVBAのRecordMacroメソッドの解説になります。

メソッドとは、オブジェクトを操作する命令文のことでオブジェクトの動作になります。 メソッドを利用するにはオブジェクト名とメソッド名の間に「.(ピリオド)」で結んで記述します。

オブジェクト名.メソッド名

目次

RecordMacroメソッド

RecordMacroメソッドは、マクロ記録機能がオンであれば、コードを記録します。

expression.RecordMacro(BasicCode, XlmCode)
expression 必ず指定します。Application オブジェクトを返すオブジェクト式を指定します。
BasicCode 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。マクロ記録の記録先が Visual Basic モジュールである場合に記録されるべき Visual Basic コードを、文字列として指定します。この文字列は、1 行として記録されます。ただし、キャリッジ リターン (ASCII 文字コード 10、コードでは Chr$(10)) が含まれているときは、文字列は複数行にわたって記録されます。
XlmCode 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。ただし、先頭文字が等号でないときは、文字列はコメントとして記録されます。
RecordMacro メソッドで、アクティブ モジュール (RecordMacro メソッドがあるモジュール) にコードを記録することはできません。
引数 BasicCode を省略すると、Application.Run を使った適切なステートメントが自動的に記録されます。
2 つの引数に空の文字列 ("") を指定すると、コードは記録されません。ユーザーがダイアログ ボックスをキャンセルした場合などで、記録を禁止するときに便利です。
次の使用例は、Visual Basic コードを記録します。


Application.RecordMacro BasicCode:="Application.Run ""MySub"" "
Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

近田 伸矢, 植木 悠二, 上田 寛

IEのデータ収集&自動操作のプログラミング本はこの1冊だけ!IEの起動やポップアップウィンドウ、表示を制御する基本的なコードはもちろん、テキストボックスやラジオボタン、表、ハイパーリンクなどのHTML部品を制御する方法など、自動操作に欠かせないノウハウを丁寧に解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ExcelのVBAについてのQ&A掲示板

↑ExcelのVBA全般について分からない事があればこちらの掲示板よりご質問ください^^

VBAのInternetExplorer操作入門

↑ExcelのVBAをマスターできたら、エクセルVBAのIE(InternetExplorer)操作にも挑戦してみてください^^

VBAのIE制御入門RSS

RSSフィードを登録すると最新記事を受け取ることができます。

VBAIE操作のスカイプレッスン

エクセルVBAのステートメント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したステートメントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのオブジェクト

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

スポンサー リンク

エクセルVBAのプロパティ

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのプロパティをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのメソッド

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのメソッドをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。

エクセルVBAのイベント

こちらでは、エクセルVBAの事例で利用したオブジェクトのイベントをまとめたものです。ExcelのVBAには様々な機能が用意されていますので一度ご確認ください。